2007年03月19日

基礎の立ち上がり部分

この記事の続きです。

 2006.3.7 型枠 立ち上げの生コン

 基礎の断熱材 基礎の全容

基礎のベース部分が出来たので、次は立ち上がりを作るために、木枠が組まれました。枠の中に生コンを流し、基礎と床材を繋ぐためのボトルが埋め込まれました。土の中に埋もれる土台には、断熱材をぐるりと巻いてから外周に土を埋め戻します。木枠が外されると、各部屋の大体の大きさがみえてきます。右下の写真で廊下を認識できるかと思います。

図面上で想像していた診察室や待合室などが、現実の物として現れてきました。基礎工事は終盤です。


posted by クランベリー at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 開業までの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。