2007年03月21日

隣町の下仁田へ

 下仁田町 虻田の集落 梅が見頃です

 梅と福寿草 荒船山

院長が勤務医の頃は、休祭日でも病院で仕事をしていたので、休みの実感がない日がほとんどでした。開業した今でも、休日らしい過ごし方はできないですね。患者様から連絡を頂けば診察しますし、医院経営で発生する大量の書類整理をしたり・・。かといって、そんな休日を苦にするでもなく、医者の仕事が本当に性に合ってる人なのだと思います。

週の真ん中が祭日なのは今年は今日(3月21日)だけではないでしょうか。それだけで何か得した気分になり、珍しく遠出しました。佐久市の隣町の群馬県   下仁田町です。下仁田ネギと蒟蒻で有名な町はクリニックから国道254号線を35q程東に行ったところにあります。目的は福寿草でした。
下仁田町虻田(あぶた)という集落に福寿草の里はあります。地元の方達が有休農地に自生していた福寿草を少しずつ植栽管理した公園です。園内には紅梅と白梅も植えられていて、昔話にでてきそうな趣のある地域でした。

福寿草のピークは過ぎていましたが梅は見頃で、周囲の杉や竹林と相まって本当に綺麗でした。梅の香りが漂ってきて、佐久市内とは一変した景色に驚きです。

右下の写真は群馬県と長野県との県境に位置する、垂直の大岸壁が圧巻の  荒船山です。平坦な頂上部が、荒波を割って進む船を思わせることからつけられた名前ですが、この写真でイメージできますでしょうか?

昼食は道の駅しもにたでこんにゃく定食を食べました。刺身、ステーキ、蕎麦、かやくご飯・・、全部こんにゃくです。デトックス効果が期待できるかも?


posted by クランベリー at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 信州の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。