2013年05月31日

水田

gremz


平年より10日早く、1951年の統計開始から3番目に早い梅雨入りとなったのは5月29日のこと。これは、梅雨入り数日前に撮りました。
ヨーロッパでは1家族が生きていくためには数ヘクタールの農地を要るが、日本では1ヘクタールの田圃あれば数家族分のカロリーを賄えると言われるほど、水田の生産性は高いのだそうです。また、大雨の降った際にはダムの代わりに洪水防止の働きもします。もし日本から水田が消えたら・・。
日本人が築き上げた稲作文化は、最も守られるべき対象であると私は思います。

※クリックして御覧下さい。
 
DSC09454.JPG


posted by クランベリー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶のみ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。