2007年03月25日

基礎工事が完了

この記事の続きです。

 基礎が完成 仕上げ

2006年3月18日に基礎工事が終了し、20日に基礎完了検査を受けました。床下全面をコンクリートで覆った強固なフルベース基礎の完成です。これがクリニックを支えてくれる、正に縁の下の力持ちです

今日の午前、能登半島沖で震度6強の地震があり、佐久市は震度3で中越地震以来の揺れでした。被害に遭われた皆様にはお見舞い申し上げます。地震に強い2×4の三井ホームの建物であっても、揺れると怖いですね。
地震発生時、院長の姿がなかったので、てっきりクリニックの安全点検をしているのかと思いきや、風呂場でシャワーを浴びていて、揺れに全く気付いていませんでした。医療器械やパソコンが転倒していないか等、心配するはずなかったということですね。勿論その後、異常の無い事を確認しております。

 床の貼り付け 床の完成

2006年3月22日から25日までクリニックの床の貼り付け作業が行われました。とうとう基礎は姿を消し、建物が立体的な姿になっていきます。
 
 どんなにデザイン性の高い家を建てても、それを支える基礎が軟弱では、安心して暮らせません。後々隠れてしまう部分だけに、(私のように専門知識がなくても)是非実際に見ておくことをお奨めします。家造り(クリニック造り)はハウスーカーさん任せにするのではなく、施主がそれなりの責任感を持って臨むことが大切だと思います。基礎工事を見届けた時、とても満足のいく仕上がりだったことを覚えています。
 


posted by クランベリー at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 開業までの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。