2007年04月20日

休日当番医

22日(日)は佐久市の休日当番医です。もちろん、泌尿器科の病気以外の患者様も受診できます。開業してから初めての当番なので、どんな症状の方がいらっしゃるのか、院長とスタッフは、ドキドキしながら待機いたします。

信州大学で働いていた当時、救急外来とは別に、各診療科(内科とか整形外科とか)の医師がそれぞれ当直をしていました。泌尿器科医も交代で必ず誰かが病院に泊まっていることになります。深夜でも殆ど仮眠できません。院長も週に2回の夜間当直が珍しくなく、毎月最低5、6回は当直していました。(当直明けは朝から普通に診療を行います)
体力のあった30代前半だから出来たことです。あのまま勤務医を続けていればどうなっていたでしょうか。昨今マスコミで騒がれているような事が人ごととは思えません。

佐久市内では、夜間や日曜日の日中など大病院の救急外来は結構混雑しています。泌尿器科クリニックの休日当番は一体、どのようになるのでしょう。一度さとう泌尿器科クリニックを覗いてみたいという方、この機会にいかがですか?


posted by クランベリー at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | クリニックのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。