2007年05月16日

手ぶれ補正は有り難い!

沖縄では梅雨入りし、北海道の根室ではやっと桜が開花したそうです。
今週のクリニックは朝方暖房をいれています。不思議な天候です。皆様体調には十分ご注意下さい。

先日の強風に負けずに残ったレンゲツツジが満開になりました。白樺とレンゲツツジの組み合わせも憧れていた信州の風景のひとつです。どちらも蓼科山や八ヶ岳周辺にはよく見られる樹木です。
白樺の根は浅く張るので倒木しやすいそうです。長野県内のある地域では庭に白樺を植えると、その家は廃れると言われるらしく、一時は止めようかと思った樹です。今のところはこの写真のようにすくすく育っています。

ツツジと白樺

上の写真の中央には残雪の八ヶ岳が写っています。望遠で撮るとこうなります。三脚なしでもここまで撮れるのは、手ぶれ補正があるカメラのお陰です。

ズームで撮ると

接写も随分楽になりました。これもカメラ機能の賜です。最近本当に風が強いので、日中に写真を撮ろうとしても花がグラグラに揺れて上手くいきません。風のない早朝にシャッターを切りました。気球と一緒ですね。

レンゲツツジが満開

話題はがらりと変わります。




開業して医師会に加入すると休日当番医のような仕事がまわってきます。今日はポリオの予防接種に出掛けました。勤務医時代は献血に立ち合うことはあっても、たくさんの幼児を相手にする機会は滅多にありませんでした。院長はいつも、子供とお年寄りには好かれるけれど、中間の若い世代にはいまひとつ・・と言っているので、きっと楽しい仕事だったことでしょう?


posted by クランベリー at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | クリニックのある風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。