2007年05月29日

善光寺参り

5月26日〜27日と松本市と長野市で研究会がありました。長野市でそのまま宿泊予定の院長に同行しました。

26日の午後は松本市で診療報酬についての会合。最近話題の社会保険庁の担当者からの説明を受けました。改革を求められている医療者側も、解体したらリストラされるかもしれない社会保険庁の担当者さんもどちららも大変なご時世です。

その後長野市に移動し、長野県東信地区泌尿器科研究会というものに参加。会場の犀北館に宿泊しました。歴史のある素敵なホテルですが、インターネットで安い部屋を予約したため、窓の外はホテルの新館の壁しか見えませんでした。(どちらの会合も院長だけの出席です)
長野県に移り住んで9年、初めて長野市内に泊まりました。滅多にこんな機会はないので翌朝8時前から善光寺に散歩にいきました。何度も通ったことがあるのに、こんなに人影のない門前は初めてです。

大門町 レトロなお店もあります

国宝善光寺本堂再建三百年目にあたる今年はいろいろな事業が計画されています。石畳の奥には山門がありますが、5年前から進められた平成の大修理のため、工事用シートが掛けられています。本堂の前は鳩しかいません。
誰もいない石畳 鳩が占拠

善光寺を背にすると参道の向こうに、県庁所在地らしい街並みが見えます。
長野駅へと続く道

長野オリンピックで盛り上がりから暫く抜け出せずにいたこの地域。善光寺の表参道としての活気を取り戻しつつあります。その象徴がぱてぃお大門です。信州の特産物や県内各地から集まったレストラン等が軒を連ねています。日曜日の朝9時にオープンしているわけはなく、見学だけです。(前日も立ち寄れなかったので、次は絶対入店したい!)
ぱてぃお大門 ぱてぃおの様子

かつて表彰式会場だったセントラルスクエアです。有効な活用法がないまま、錆の目立つ駐車場となっています。その向かい側の店で朝食用のパンを買いました。長野県内各地のパン屋が25店出店しているので、たくさんの種類があります。私が買ったのは安曇野と長野市内の3店舗から。佐久市にもこんなカフェができてほしい!
表彰式会場 BAKERY'S STREET&CAFE

佐久市は古くからの商店街と駅周辺の開発地区と景観が全然違うのですが、歴史ある物と新しい物が上手に交わっている善光寺界隈は
何度行っても飽きません。旅行者気分を味わえた朝の散歩でした!


posted by クランベリー at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 信州の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。