2007年05月29日

その後戸隠へ

善光寺参りからホテルに戻って9時30分ほど。そのまま佐久に帰るか、改めて長野市内観光をするかを検討した結果、新緑と蕎麦を求めて戸隠に行くことにしました。(この組み合わせは長野県なら何処でも可能)

昨年の今頃も善光寺と戸隠へドライブしました。その時は私の両親と伯母達とでした。善光寺は初めてという伯母を連れて小雨降る中、境内を歩きました。無事に開業の日を迎えられますようにと拝んだものです。あれから1年・・。皆が元気で過ごせたことへの感謝も込め、今回はお礼参りのドライブとなりました。

去年は雲がかかって見えなかった戸隠連峰もくっきり見えました。と言いたいところですが、前日から黄砂が酷く、晴天の割には霞んでいます。

黄砂

風が強いので鏡池もこの様相です。ここは人造湖なんですよね。魚釣りをする人もいて、神秘的で霊験あらたかな周辺のイメージとは少々ギャップがありますね。

その後蕎麦屋へ。店の入り口には蕎麦玉を吊してありました。酒屋で見かける杉玉の蕎麦屋バージョンです。11月の新蕎麦時期に戸隠神社で祈願を頂くのだそうです。注文した蕎麦の写真は取り忘れました。代わりに窓からの風景をどうぞ。

そばの実という店名です

蕎麦玉

一枚の絵のよう

上信越道信濃インターから高速に乗り佐久へ帰るはずが、どうしても行きたい所があると院長が言い出し、再び松本市へ。車のワイパーやオイルを点検してもらう等しました。研究会の名目のはずが、長野県を半周することになった楽しい週末のお出掛けとなりました。


posted by クランベリー at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 信州の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。