2007年07月03日

天敵現る!

最近の重要な庭仕事のひとつが、葉っぱの点検です。毛虫がいたりアメシロの幼虫がちょっと付いていたり・・。早めに駆除してしまえばそれ程被害はありません。以前の記事にも書いてありますが、昨日の午後、とうとう出ました。天敵カミキリムシ!白樺の葉の上でゴソゴソしていました。すぐ脇の枝には、かじったであろう痕跡が。(カミキリムシが乗っている木は、白樺を支えている支柱)

カミキリムシ


別名鉄砲虫と呼ばれるこの幼虫は、幹の中をまるで鉄砲の弾が通ったかのように食い荒らします。幹の小さい穴からおがくずのような物が出ていたら、多分これです。昨年の夏、植えたばかりのコハウチワカエデがそうでした。穴を針金でグリグリして殺虫剤を注入してもらったので、大事には至りませんでした。今回は大事な白樺が食害にあっては大変と、写真を撮って直ぐに退散してもらいました。

白樺が標高1000メートル以上の地にしか自生しない理由の一因は、この天敵が住んでいないからだそうです。それが最近では1300メートル位の所でも、幼虫が大発生するようになったとか。温暖化の影響でしょうか。

------------------------------------------------------------------------------


これは天敵ではなく、隣の空き地に度々やってくる雉です。ケーンケーンといった鳴き声がよく聞こえます。かなり離れた位置から撮ったのに、どちらの生き物もカメラ目線なのは何故?
雉


------------------------------------------------------------------------------

このところ早朝の駐車場には野鳥や鳩が遊びにきています。餌になる虫がいるということなのかも。複雑・・。


posted by クランベリー at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | クリニックのある風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。