2007年07月09日

外構工事の開始

足場を撤去」の続きの記事です。

2006年7月、いよいよ建物外回りの設備工事が始まりました。

室外機や灯油のタンク等が設置されました。自動販売機も到着です。他の飲料メーカーの自販機も候補に挙がりましたが、コカコーラーが欲しかったので、これになりました。紙コップのタイプです。

  室外機設置  自動販売機を設置

玄関先のタイルを貼ってもらいました。タイル選びのポイントの一つは、表面に傷が付いたり欠けたりしても目立ちにくいこと。タイルといっても磁器質のもの、セメント質、セラミック、天然石など様々です。
例えば、表面が青いタイルであっても内部がダークグレーといった物もあります。そうすると、色の違う箇所が目立ってしまうことになります。玄関は御来院される方々が必ず通る場所なので、ここのタイル選びにも気を遣いました。雨の日でも滑りにくいことも大切です。

玄関のタイル スロープを造ります
外構工事が始まりました。
玄関の横にスロープを造っているところです。配管工事や、植栽スペースに縁石を埋める作業の写真です。
スロープの基礎 配管の埋め込み

以上が7月第1週目の様子です。外構工事の最大の天敵は雨!梅雨明けしていない頃だったので、毎日空模様を気にしていました。

建物内部は完成してきたので、医療器械の搬入もボチボチ始まります。次回のブログははレントゲン器械の設置の予定です。これがまた、大仕事!!


posted by クランベリー at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 開業までの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。