2007年08月16日

観葉植物

お盆休みを頂いていましたが、今日から通常の診療が始まりました。


8月初めに待合室に置いてある観葉植物を替えてみました。開業祝いに頂戴した「シマトネリコ」の葉が落ちてきたのが切っ掛けでした。太陽が大好きなトネリコには待合室の明るさでは物足りなかったようです。思い切って室外に出すことにしました。ついでにベンジャミンも寄せて、夏らしい鉢植えを置いてみました。

クワズイモ

受付から見ました フランスゴムの木


下足コーナーにはサトイモの仲間のクワズイモを。テレビの横にはフランスゴムの木を置きました。
白い磁器の鉢に植え替えたことと、最近花屋さんが持ってきて下さるアレンジに、アンスリウムやデンファレ等夏らしい花材が多いので、アジアンテイストの植物でも、待合室と不思議に馴染んでいます。これだけ個性の強い観葉植物のほうが、中庭とのバランスが取れるようように思います。

酷暑が続く中、このような雰囲気で患者様をお迎えしたいと考えています。御体調には十分にご留意に上、お過ごし下さい。


posted by クランベリー at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリアのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。