2007年10月06日

JR佐久平駅

佐久平駅


長野新幹線が開業してから約半年後、私達は長野県松本市に移り住みました。それから5年近くなろうという時「転勤の話があるんだけど、○○市と佐久市とどっちがいい?」と夫に聞かれ、「佐久市」と私は即答しました。「どうして?」「新幹線が通っているから」 そうして佐久市に住み4年半が経ちます。

松本市からだと、特急列車で新宿駅まで行き、そこから電車を一度乗り換えてやっと東京駅の新幹線の改札に着き、それぞれの実家へ帰ることができます。私の場合は約8時間以上かかりました。今なら長野新幹線で大宮まで行き、直ぐに東北新幹線に乗り換え最速4時間30分強で行けます。何かあったら何時でも帰れる、この安心感があるからこそ佐久市で開業する決意ができたのです。

立派な駅前!! 公園が隣接
(クリックして大きい画像でご覧ください)
JR佐久平駅は新幹線開業時に長野県内では唯一新しい駅として作られました。それまでは近くにある小海線の岩村田駅が中心地でした。狸や猪が出ると言われるほど、全く何も無い所だったそうです。新駅周辺は田畑を整地しただけで、駅舎と近くのビジネスホテル以外は何もない所でした。ジャスコが出来たのもずいぶん後のことです。

初めて佐久平駅を利用したのは松本に来た最初の夏だったと思います。新幹線の利用客用に駐車スペースがあるので、車でやってきました。係員と思しきおじさんに「駐車場は何処ですか」と尋ねたら「この辺全部ですよ」と言われました。入り口のゲートがどこにあるか解らないくらい広いスペースを目の前に途方にくれたのを覚えています。現在はそれが信じられない位、開発が進みました。(と言っても。この程度です!)


今週に入り長野県内の新聞やテレビでは、開業10周年を記念した特別枠が設けられています。新幹線沿線の地域で最も発展を遂げたのは佐久市です。人口が少ないのに急拡大しているこの町に懸念しつつも、新幹線の恩恵を最大限に受け生活している私達です。

(本日新幹線で県外へと出掛ける院長を見送るため駅に来たので、撮影しました)


ラベル:信州 新幹線
posted by クランベリー at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 信州の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。