2007年12月18日

冬の小川も

凍らない

                               軽井沢町 湯川渓谷

先週末に少しだけ降った雪は直ぐに解けたのに、日陰はツルツルに凍っていた軽井沢の道路。自宅から30分ほどで中軽井沢周辺まで行けるので、最近ちょくちょく出掛けます。佐久市内はパン屋が少ないのでよく立ち寄るのは浅野屋というパン屋さん。石窯で焼いたハードなパンが美味しい。

湯川ふるさと公園の脇を流れる湯川渓谷は気軽に散歩できる小径です。


クリニック名物「ご自由にボックス」は御陰様でほぼ完売しました!薬剤名の入った湯飲み茶碗もお持ち帰り下さったようです。それで飲むお茶、きっと美味しいと思います。


ラベル:軽井沢
posted by クランベリー at 09:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 信州の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

我家のお嫁ちゃまもパンを焼いてくれたのですがこの頃パン焼きしないな?と思っていましたがどうやら〔パンのまわりが硬い〕という息子の一言が原因のよう   \(◎o◎)/!だんな様の美味しい!の一言が奥様のお料理の腕を上げることがわからないなんて息子もまだまだですね(@_@;)
Posted by 白根葵 at 2007年12月22日 14:09
白根葵さん、こんにちは。

まわりが固いパンというのは、いわゆる「ハード系のパン」ではないでしょうか?きっとお嫁ちゃまのパンも旦那様以外の人には美味しいと感じられるのではないかと思います!

私もパンを焼きますが、難癖つけて夫は食べません。しかも好き嫌いが非常に多く、使える食材が限られているので、レパートリーは増えないは、料理の腕はあがらないはと散々です。その分、お客様が遊びにいらした時に普段使えない食材をたっぷり準備して、実はこんな料理も作れるんだ!と夫に見せつけています。
Posted by cranberry at 2007年12月22日 20:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。