2007年12月20日

人間の話ではなく

昨日とある場所での立ち話より。

Aさん 「うちの子、鼻にしこりがあって病院に連れていったの。組織を採って検査して結果がでるのは来年になってからだって。心配」

Bさん 「何歳なの?3歳か-。もし悪い物なら若いと早いからなー。でもきっと大丈夫だよ。」

Aさん「検査料1回5万円だった。高いよね。」

Bさん「うちの前にいた子は東京の病院で検査したらもっと安かった。検査の方法が違うのかもしれないけどな。」

私 「保険には入っていないのですか?」

Aさん「保険って?」

Bさんと私 「病院に行けば資料をくれるから今からでも入ったほうがいいよ。」

Bさん「うちの子は癌の手術を4回したから数百万円はかかったしな-。絶対に加入を勧めるよ。」

Aさん「うちはそんなに払えないよ。検査だけで精一杯..。検査結果が出てからまた考えてみるわ。」

お気づきかもしれませんが、人間ではなくワン!の話です。

経済的な理由から必要な治療を断念せざるを得ないのは、非常に辛いことです。人間ならば高額療養費や医療費控除の仕組みがあり、何より健康保険制度があります。保険のないペット達は大変なようです。家族の一員として生活している動物たちも安心して医療を受けさせてあげたいと切に望みました。
犬を飼うって大変なんですね-。


ラベル:
posted by クランベリー at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶のみ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。