2008年03月12日

閉ざされた女神湖

今シーズンは積雪が多く山道を車で超えるのが心配で、久しく行ってなかった蓼科方面へ出掛けました。

春はいつになるのか、白樺高原入り口

道路は乾いてノーマルタイヤでも大丈夫ですが、周囲はまだこんなに雪が残っています。昨年の紅葉の時期はこんな感じでした。


女神湖へ抜ける途中には、こんなに眺めの良い場所があります。北アルプスの白馬方面が真っ白な稜線になって輝いています。飯綱高原から菅平など長野県北部の山々が見えます。

長門牧場から眺む


そして女神湖へ。完全凍結しているので雪原になった湖上に、タイヤの跡が残っていました。氷上ドライビングレッスンというのがあって、冬の運転技術を試せるそうです。

完全凍結 歩けます

いつもは湖の向こうにそびえている蓼科山は桟橋と陸続きのように見えます。まだまだ春は遠いです。

閉ざされた女神湖



天気が良すぎると雪の反射で写真が白とびしてしまいます。なんか、平面的な風景写真になりました。撮影の設定を熟知していないのと、カメラの性能の弱さを痛感します。カメラマニアさん達がいろんなレンズを欲しがる気持ちが、最近理解できるようになりました。私でもあと2本は交換レンズがほしいんです。


ラベル:信州 蓼科 
posted by クランベリー at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 信州の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。