2008年05月10日

火の見櫓のある集落

御牧ヶ原台地の端と千曲川に挟まれた僅かな土地に、火の見櫓に見守られた小さな集落があります。

火の見櫓


宮沢地区



集落は北側にある浅間山と地区の農業神を祀ったお宮にも、見守られています。

集落を見落とす


北側は浅間山


南は蓼科山から八ヶ岳


お宮の横には展望台があり、八ヶ岳まで眺めることができます。
千曲川の向こうが小諸市や佐久市になります。
Gw最終日、朝日を浴びた佐久平でした。

天辺の祠





posted by クランベリー at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 信州の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。