2007年02月25日

Dr.さとうから  過活動膀胱の新聞広告

今日の新聞各紙に、アステラス製薬主催の排尿障害に関する座談会が載っていました。なかなかよくまとまっていると思いました。ちなみに、座談会メンバーである信州大学の西沢教授とは20年来のおつきあいで、一緒に排尿障害の研究をしてきました。排尿でお困りの皆さん、内容は理解できましたか? よくわからなかった方、下の拙文を読んでから、もう一度新聞記事を見てください。医学的に不正確な表現もありますが、話をわかりやすくするためです。勘弁してください。

 地元紙  朝日新聞P17 

 「ししおどし」ってご存じですか? 竹筒に水が流れ込んで、カーン と音がする、日本庭園によくありますよね。ししおどしを自分の膀胱だと思って、以下の文章を読んでください。
ししおどしは、適度なタイミングでカーンと鳴るから風情があるのであって、カーンカーンと続けて鳴っていたらうるさいだけです。カーンカーンと鳴ってしまうのには3つの原因が考えられます。
続きの文章を読む


posted by クランベリー at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | Dr.さとうから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月08日

2007年01月01日

新年のご挨拶とおせち料理

あけましておめでとうございます。

排尿障害専門クリニックとして、また、地域に根ざした泌尿器科クリニックとして、患者様に満足していただける施設となるよう、スタッフ共々精進するつもりです。今年もよろしくお願いいたします。

新年の予定です。通常診療は4日からですが、院長自身は佐久市内におりますので、急患には対応いたします。具合の悪い方はクリニックまで電話を頂ければ、院長の携帯電話に転送されますので、お気軽にお電話下さい。

  院長 佐藤智哉

引き続き、おせちの写真です!
続きを読む
posted by クランベリー at 13:16| Comment(2) | TrackBack(0) | Dr.さとうから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

年末年始の診療

12月30日(土)午前中までの診療とさせて頂きま

す。午後から1月3日までお休みを頂き、4日(木)から通常

診療となります。休み中もクリニックへの電話は院長の携帯電話に転送されま

すので、具合のお悪い方はご連絡下さい。

尿漏れ無料電話相談(毎週月曜日午後1時〜午後3時)は1月15日(月)からと

なりますので、よろしくお願い致します。


posted by クランベリー at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | Dr.さとうから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

コンチネンスって何?

 さとう泌尿器科クリニックのロゴにはSatoh Continence Clinic(さとうコンチネンスクリニック)と書いてあります。では、コンチネンスって泌尿器科のことなの・・?  実は違います。コンチネンスとは、おしっこや便など、排泄で悩まない状態をいいます。
 コンチネンスなんて言葉、聞いたことがない人が多いでしょう。でも、これからは、一般に使われる言葉になっていくと私(院長Dr.サトー)は思っています。
 内科学会、外科学会があるように、排尿障害を専門とする排尿機能学会というものがあります。私は、この排尿機能学会と、さらに国際学会である International continence society(国際コンチネンス学会)を主な活動の場としてきました。そんな思い入れから、コンチネンスという言葉ををロゴに使用しました。
 医療の進歩により、今や日本の平均寿命は世界一です。寿命を延ばすという作業は、トンネルを掘るのに似ています。排尿障害を治療することは、掘られたトンネルにレールを引いて、だれでも快適にトンネルを進めるようにすることだと思います。せっかく延びた寿命です。尿漏れや頻尿なんかでつらい思いをせず、楽しんで過ごしたいですよね。
posted by クランベリー at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Dr.さとうから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。