2007年11月18日

霜晴

放射冷却で冷え込んだので、風はなく空は真っ青の霜晴(しもばれ)の朝となりました。

冴ゆる


こうなると、空気が乾燥してきます。インフルエンザの流行が例年よりも早いとニュースで聞きました。続きを読む


posted by クランベリー at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | クリニックのある風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月23日

道路工事のその後

こちらでご紹介したように、クリニックの前の道路の舗装工事が終わりました。舗装した方を車が通ると思いきや、バリケードで封鎖され、横に新しく造った砂利の道の上を車は往来しています。工事の立て看板はそのまま設置されているので、これから又作業が再開されるのかもしれません。

舗装は済んだのに


迷走しているこの道路に関して、沿線住民を対象とした会合があり院長が出席しました。続きを読む
ラベル:佐久市 
posted by クランベリー at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | クリニックのある風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月15日

また道路工事するの!!

クリニックの前の道路は一部未舗装の箇所があり、車が通る度に砂利がはじかれ土が剥き出しになってきました。

悪路でした


自転車やバイクに乗った人が何度もこの砂利の上で滑って転ぶのを見て、怪我人が出る前にと、9月下旬に市役所に連絡をいれてみました。次の日、市から委託された建設会社が砂利を補充してくれましたが、そんなことでは直ぐに危ない状態に戻ってしまうのに、と危惧していました。数日後、道路脇に工事の看板が立っていました。

工事の看板が
続きを読む
posted by クランベリー at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | クリニックのある風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月08日

猫なの?犬なの?

雑草だけど可愛いどこの道端にも生えている雑草ながら結構可愛いので、秋の草花を生ける時、一緒に使ったりもします。皆様はこの草の名前を何と覚えていますか。これで猫をじゃらすと喜ぶから、ネコジャラシと呼ばれます。正しくは?イネ科のエノコログサ属だそうです。狗尾草(えのころぐさ)と書き、毛の生えたような花穂が子犬(狗児えのころ)に似ていることから名付けられたそうです。英語ではFoxtail grass キツネの尻尾草と言うそうです。

尻尾



犬の尻尾?

犬コロなのかキツネなのか??いずれにしても動物の尻尾のようで面白い草です。風が吹くたび揺れるので、ピントを合わせるのが大変でした。人間の方がじらされて遊ばれているのかも。
ラベル:植物 
posted by クランベリー at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | クリニックのある風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月26日

ブルーデビル倒れる

一昨日突然咲いた、ホテイアオイの花。昨日は花がしおれてきているだけでしたが、今朝は茎が曲がっていました。ブルーデビルもとうとう倒れてしまいました。

ブルーデビル


昨夜は綺麗な中秋の名月が見られたので、その分朝は冷え込みました。
窓を開けたら寒い寒い。熱帯地方原産のホテイアオイの花にはきつかったようです。

水盤の中はメダカの糞がたまっているので、肥料の成分で言い換えれば窒素がたくさんある状態です。窒素は植物の葉を生き生きさせる働きがあります。でも過剰になると、藻が発生したり良くない事も起こります。ホテイアオイはこの窒素をドンドン吸収してくれる、水盤には欠かせない存在なのです。窒素のお陰でこのブルーデビルの丈夫なこと・・。
それがいいのか解りませんが、水盤の水を他の樹木にあげています。
葉を繁らせたい木には効果があるように思います。シマトネリコなどにね。

posted by クランベリー at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | クリニックのある風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月25日

名月撮れた

5月にカメラを替えてから撮ってみたかった写真に今夜挑戦しました。
日本中のあちこちでカメラを構える人が多いことでしょう。

中秋の名月


写してみれば難しくなかったけれど、カメラの説明書や月の撮影のポイント等を調べて悪戦苦闘の末の一枚です。三脚に固定し、マニュアルモードで撮りました。

ISO 400
望遠200o
F値 F10
シャッタースピード 1/200


もっと上手な設定があるのでしょうが、これだけ写れば満足です。月が明るいので星はあまり見えません。雲ひとつない夜空です。明日の朝の予想最低気温は13℃。ぐっと冷え込みそうです。
posted by クランベリー at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | クリニックのある風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月24日

突然咲いた!

日光浴させます休日になると院内の観葉植物を日光浴させます。強い日差しでは葉焼けするので、中庭の日陰くらいがちょうどいいです。午前中、中庭を覗いたら紫色の何かがありました。これは何??去年は見掛けなかった花が突然咲いていました。

水盤に浮いている布袋葵(ホテイアオイ)の花でした。ペットショップの金魚売り場などでよく見かける浮き草です。調べたら、短時間で開花し翌日には茎が倒れて水中に沈んでしまうそうです。



花が咲く気配など全然感じなかったので、これって咲くのか!と、とても驚きました。ウォーターヒヤシンスとも呼ばれ、ヒヤシンスに似た綺麗なうす紫の花です。放っておいてもどんどん株分けされて増えます。繁殖力が強いので、世界十大害草として厄介者扱いされているそうです。青い悪魔、blue devilという別名もあるらしく、花びら中の黄色の斑点がちょっと毒々しくも見えます。
水中に張った根はメダカの産卵場所になっているので、うちとしては有り難い存在なんですけどね。


ホテイアオイの花

ヒヤシンスに似てます


明日の朝にはどうなっているか、興味津々です。ご覧になりたい方はお早めにクリニックへどうぞ!
posted by クランベリー at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | クリニックのある風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月22日

牡丹と萩

萩は見納め?剪定しても直ぐに伸びてくる丈夫な当院の萩が満開を迎えました。来年は株を減らす予定ですが、垂れた姿を見ると、支柱をもっと頑丈な物に作り直して、このままにしておこうかとも考えてしまいます。綺麗な花なのですが、いかんせん鬱陶し過ぎる・・。


明日は彼岸の中日。お墓参りをされる方も多いでしょう。仏教行事なのに、日本特有のもので、他の仏教国には無い習慣だそうです。この時期食べるのは「おはぎ」ですか「ぼた餅」ですか?いつも迷います。
秋の七草の一つである「萩」。よって、秋には萩の花をかたどって少し小ぶりで長めに丸めたおはぎを食べます。春は牡丹が美しい時期なので、ぼた餅ということになります。こちらは豪華な牡丹の花のように丸く大きく作ります。

続きを読む
posted by クランベリー at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | クリニックのある風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

ホスピタリティー

病院を意味するホスピタル、その語源はキリスト教の言葉であるホスピタリティーからきています。ホスピタリティーを解釈すると、「おもてなしの心、分け隔て無く歓待する」といった意味があります。

木1.家木2



院長は医者になりたての頃から、自宅にお客様を招くのが好きでした。殆どが職場の方々で酒の飲み交わし、深夜まで騒いでいたものです。狭い賃貸住宅なのに「なんか落ち着くんだよねー」と皆さん思い思いの格好で寛いでいました。開業してからは泊まりがけで遊びに来られる方が増えました。先日の連休にも昔からの友人達が訪ねて下さいました。

コーヒー開業にあたり、崇高な理念ほどではないけれど、友人達がうちで楽しそうにしている、それと同じ様な雰囲気で患者様にも過ごして頂きたいと考えていました。診察までの待ち時間にコーヒーを飲みながらテレビをご覧になったり、畳コーナーに座って新聞を広げていたり、そんな様子をお見かけするだけで私達は嬉しいのです。患者様に付き添われたご家族の方が、駐車場で草木を眺めていると、それだけで手入れをする者には励みになります。クリニックに来院する、それ自体が日常の中での小さな楽しみになって頂けたらいいなと思っています。スタッフ一同、ホスピタリティー精神を持って、日々診療にあたっております。


連休中の話に戻ります。


続きを読む
posted by クランベリー at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | クリニックのある風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月13日

助っ人現る!

ワン赤とんぼが飛び交う季節になりましたね。庭仕事をするようになってから虫に目が向くようになりました。できれば接触したくない相手だけど、大事な葉っぱを守るため、日々パトロールしています



7月3日の記事では天敵のカミキリムシの話を書きました。最近、害虫駆除の強い味方のカマキリが現れました。今までは見つけても何の感慨もなかったこの虫に、こんなに感謝する日がくるなんて。
蜘蛛の巣もはた迷惑な存在だったのが、小さい虫がたくさん巣に付いているのを見たら、結構嬉しい?駐車場の樹木には随分蜘蛛の巣がありますが、放っているのはそういう理由です。
ナナホシテントウムシも希に見ますが、いつもいるのは20個位のホシを背負った可愛くないムシ。こういう益虫は店で買えるものではないので、勝手に飛んできてくれると有り難いです。虫の生態系が出来上がりつつあるのかもしれないので、傍観していましょう。


右側の写真の右下の←は山椒の幼木です。8月29日に見かけた青虫は葉を食べ尽くし何処かへ行ってしまいました。惨めな姿になった枝の先端から新しい葉が出てきたので、一安心。左上の↓がカマキリです。何を狙っているのかなー。

助っ人カマキリ 耐える山椒の木



posted by クランベリー at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | クリニックのある風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

台風9号の被害

先週の台風9号の影響で、佐久市は近年希にみる暴風雨にみまわれました。9月6日の夜は家の中にいても物凄い風の音が聞こえてきました。駐車場の樹木は倒れていてもおかしくない程でした。7日の午前中で風のピークは過ぎ、被害を受けた様子もなく、通常通りの診療ができました。そんな中、台風の目に突入するかのように新幹線に乗って知人達が遊びにきました。新幹線は徐行しながらも運転し、予定通りに佐久平駅に到着したので一安心。

7日の午後には青空が見えていたので、停電のニュースを耳にしたのに、軽井沢に行ってみることに。佐久市内から軽井沢町追分の辺りまでは、いつも地元の人が利用する狭い山道を通ります。あちこちで木が倒れ、幹や枝が電線に引っ掛かっていました。車の上に倒れてきそうで怖かったです。国道の信号は停電のため機能していず、警察官が立っていました。渋滞を抜けてやっと旧軽井沢に着いても、停電と断水で店は閉店状態。カラマツの並木道が無惨な姿になったのを目の当たりにして、今回の台風の被害の大きさを痛感しました。続きを読む
posted by クランベリー at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | クリニックのある風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月30日

夏が終わったかのような日

時々小雨が降る曇天な佐久市、残暑もこれで一段落かと思えるような一日でした。日差しが強くないので、最近さぼっていた庭仕事に励みました。

夏は終わりかなー たっぷり剪定しました

1ヶ月ほど前に剪定したミヤギノハギは更に勢いを増してきたので、枝をたっぷり落としました。1メートル四方の穴に山盛りになった萩です。ここまで増殖するとは当初考えていなかったので、来シーズンは株を減らすか、もっと丈夫な支柱を立てて萩のトンネルでもつくろうかなどと思案しています。

玄関脇のスロープにある手摺りに、可愛いイタズラを見つけました。


続きを読む
posted by クランベリー at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | クリニックのある風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月22日

シマトネリコ 回復中

シマトネリコ 復活元気がなくなり室外に置いていたシマトネリコは、直射日光をガンガン浴びて新芽が大きくなってきました。熱帯原産なので待合室の乾燥した環境は苦手のようです。暖かい地域ならば地植えできますが、信州はどうなのでしょう。冬期間の管理は何処でしようか、今からの宿題です。こちらは最も葉が茂っていた頃の様子。
毎日こまめに手をかけなくても、適した環境を用意してあげれば自ずと成長してくれる、そんな樹木がうちのクリニックには合っています。けれど、虫がついていないか等、様子だけは小まめに見ています。自分で選んだ植物なのに、しょっちゅう目を掛けている草木のほうが成育がいいのは不思議です。


逆に、冬になったらクワズイモはどうしようか、これも検討中。
外には絶対に出せないので、室内で邪魔にならないところを探してみます。
posted by クランベリー at 11:03| Comment(4) | TrackBack(0) | クリニックのある風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

湿度に注目

ブログの右上に表示されている「長野の天気」とは長野市のことを指しています。佐久市はそれより若干低めの気温のことが多いです。
今日の午後3時、クリニックの東側の日陰に温湿度計を置いてみました。
気温33℃、湿度30%この気温の高さにしてなんと湿度の低いこと。爽やか信州ここにあり!です。

湿度に注目


隣の怪しげなピンクの物は、簡易的に紫外線の強さを計れる機能がついた手鏡です。左側の↓部分は元は白色で、紫外線が強いほど濃いピンクになります。丸い輪の色と照らし合わせて、弱いとか非常に強いと判別していきます。しっかり日陰なのに、強いになっていますね。

ここが夏の信州の落とし穴!!湿度が低いから爽やかではあるのに、強すぎる日差し。肌には過酷な環境。この時期こそ長袖は欠かせません。
クリニックから20分足らずで行ける避暑地軽井沢の夏は意外にもジメジメしています。苔むした広い庭のある別荘をイメージできますか?霧が発生する日が多いからなのでしょうか。佐久市に苔はないですよ〜。

こんな暑い日、屋根裏はどうかと言いますと・・。続きを読む
posted by クランベリー at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | クリニックのある風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月09日

立秋を過ぎ・・

暑中お見舞いから残暑お見舞いに切り替わる時期になりました。
梅雨明けしてからの信州は、今ひとつ天候が安定しなかったりしましたが、最近は暑く、強烈な紫外線を浴びる日が続いています。夕立が降る日もあり、雲が多いような気がします。冬のほうがすっきりとした青空がみられますね。
夏は山がはっきり見えない日が多いのですが、今朝は浅間山の様子を撮影できました。

夏山

山頂からはいつものように、白い噴煙が出ています。建物と浅間山の間に大きな木があります。これは隣地の梨の木。放っておかれているので夏の間はもの凄く大きくなります。
手前のシロヤマブキの実は黒くなってきました。日焼けではありませんよ!春に白い花を咲かせてから緑色の実を付け、それが真っ黒くなるのです。今はコーヒーのような色合いですね。

こちらは蓼科山の様子です。


続きを読む
posted by クランベリー at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | クリニックのある風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

夏の中庭

中庭の写真を載せるには久しぶりです。この水辺の寄せ植えを置きたくて仕上げた中庭です。水のある風景はズーッと眺めていても飽きません。
--------------------------------------------------------------------------
待合室から撮りました。真冬の様子はこちら昨年よりもヤブムラサキとソヨゴの樹が大きくなりました。

7月の中庭


-------------------------------------------------------------------------

診察室のドア付近からです。診察を終えられた患者様は毎回この光景をご覧になっているのでしょうね。
診察室から眺めると


-------------------------------------------------------------------------

水盤の中の黄色い花はリグラリアというキク科の多年草です。ヤマアジサイ、ギボウシの花も咲いています。リグラリアは終わりかけていて、次に沢桔梗の赤い蕾がスタンバイしています。

中庭花盛り


--------------------------------------------------------------------------

水鉢の中にはメダカが約8匹(泳いでいるので正確に数えられない)います。プランクトンを食べ糞をして、それを養分として植物は根から吸収し生育します。時々ボウフラがわいてもメダカが食べてくれるので、不思議なくらい水は澄んでいます。自然のサイクルが出来上がっているのです。人間は余計な葉っぱを取り除いたり、蒸発した分の水(水道水をそのまま使う)を時々足すだけです。こんなに楽な寄せ植えはありませんよ。続きを読む
posted by クランベリー at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | クリニックのある風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

薔薇が咲いた

園芸作業をするにあたり、これだけは育てないと決めていたバラを植えました。理由は管理が難しいから。
2ヶ月ほど前、毎週お花を届けて下さる生花店さんに行ったときのことです。花が咲き終わった鉢植えのミニバラを頂戴しました。鉢のまま管理するよりも地植えにしたほうが楽かと思い、植えてみました。枝を切り戻し、肥料をあげていたら、小さくて真っ赤なバラが咲きました。日当たりと風通しはバッチリの場所なので、今のところはトラブルなしです。

ミニバラ植えてみました



6月14日の記事で掲載したノイバラは世界中にあるバラの原種の一つです。品種改良を重ね、3万種はあるといわれるバラの中で、原種といわれる花は約10種類。そのほとんどが東洋に自生し、うち3種類が日本に自生しています。日本の山野のあちこちに生えているノイバラから、たくさんの美しいバラが作られたなんて、スゴイことだと思いませんか?
この話を知ってから、バラへの抵抗感が少し薄れてきました。この度植えたミニバラはこのノイバラの形質を受け継いだタイプです。

------------------------------------------------------------------------------
ほかの2つの原種のバラは、テリハノイバラハマナスです。茎がつる状に伸びるテリハノイバラは見た記憶がありません。
ハマナスは小さいころから馴染みのある花でした。英語で「ジャパニーズ・ローズJapanese Rose)」といい、バラの原種であると解ってから、いっそう愛着がわきました。佐久市内の公園にもハマナスがたくさん植えられています。海岸沿いでなくとも育つのかと、見掛けた時は驚きました。とある所からハマナスの枝を貰ったので、試しに植えてみました。さし木には不適な4月に植えて後は放っておいたら、葉が出てきました。

ハマナスの芽が出た

やっぱり自生種は強い!こんなに管理が楽なバラなら大歓迎です。
------------------------------------------------------------------------------
近所のノイバラには、緑色の実がついています。ローズヒップですよね。(食用のバラの実は正確には別の品種)赤くなるのが楽しみです。

ノイバラの実は緑色




posted by クランベリー at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | クリニックのある風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月03日

天敵現る!

最近の重要な庭仕事のひとつが、葉っぱの点検です。毛虫がいたりアメシロの幼虫がちょっと付いていたり・・。早めに駆除してしまえばそれ程被害はありません。以前の記事にも書いてありますが、昨日の午後、とうとう出ました。天敵カミキリムシ!白樺の葉の上でゴソゴソしていました。すぐ脇の枝には、かじったであろう痕跡が。(カミキリムシが乗っている木は、白樺を支えている支柱)

カミキリムシ


別名鉄砲虫と呼ばれるこの幼虫は、幹の中をまるで鉄砲の弾が通ったかのように食い荒らします。幹の小さい穴からおがくずのような物が出ていたら、多分これです。昨年の夏、植えたばかりのコハウチワカエデがそうでした。穴を針金でグリグリして殺虫剤を注入してもらったので、大事には至りませんでした。今回は大事な白樺が食害にあっては大変と、写真を撮って直ぐに退散してもらいました。

白樺が標高1000メートル以上の地にしか自生しない理由の一因は、この天敵が住んでいないからだそうです。それが最近では1300メートル位の所でも、幼虫が大発生するようになったとか。温暖化の影響でしょうか。

------------------------------------------------------------------------------


これは天敵ではなく、隣の空き地に度々やってくる雉です。ケーンケーンといった鳴き声がよく聞こえます。かなり離れた位置から撮ったのに、どちらの生き物もカメラ目線なのは何故?
雉


------------------------------------------------------------------------------

続きを読む
posted by クランベリー at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | クリニックのある風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月02日

早くも萩が開花

春の芽吹きから始まった樹木の目に見える変化は、最近は一段落しています。色濃くなる緑の中で、夏の花たちが咲き始めました。


玄関の横に植えてある5株のヤマアジサイ。晩秋に剪定してしまったにも関わらず、2株に花芽がつきました。今年は無理かもと気付いた時には、3日間くらい落ち込んだので、よくぞ咲いてくれたと感激です。株を大きくしたいので、今年は剪定しません!
ヤマアジサイが咲いてくれた

------------------------------------------------------------------------------

こちらはシチダンカ(七段花)日本最古のヤマアジサイです。6月中旬にチョークベリーなどと一緒に買ってきました。
シチダンカです

此処にはいろいろ植えています

一番手前がヤブデマリ。アジサイに似た花ですが、違う「属」になります。その右側の雑草のような植物は風知草です。斑入りではなく、あまり流通していない青緑色の、フウチソウの原種です。この風知草が白樺の足元一面に広がるのが、当面の夢・・。レンゲツツジも植えてあるので、八ヶ岳の林のようになってほしいスペースなのです。

------------------------------------------------------------------------------

秋のイメージの萩の花。宮城野萩は6月頃から咲きます。紫色がポツポツあるのが解りますか?垂れるのが特徴とはいえジャングルのように鬱蒼としてきたので、支柱を立てて持ち上げています。ここは仙台を想って植えたスペース。

宮城野萩は早く咲く

------------------------------------------------------------------------------

そしてブログタイトルにもなっているクランベリーの様子です。
続きを読む
posted by クランベリー at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | クリニックのある風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月01日

新入りの・・ 樹木たち

本格的に雨が降り続く前にと、たくさんの草木を植えていました。なのに期待は外れ、ホースで水を蒔くはめに。移植後の水やりは欠かせないので、新入りを中心に世話をしています。

現在のクリニックの様子です。まだまだボリューム不足の樹木たち・・。
改めましてクリニックです

------------------------------------------------------------------------------
駐車場の真ん中、ケヤキとニシキギの間に、ヤマコウバシを植えました。山にある香ばしい樹という意味の落葉低木で、冬の間も葉は落ちずに枝にくっ付いているという面白い樹です。白樺も1本追加しました。この樹は幼木のうちは幹が茶色です。先に植えた白樺と同様、しっかり根付いて白くなってほしいです。
      ヤマコウバシといいます 白樺も仲間入り

------------------------------------------------------------------------------

クリックして拡大するとわかりますが、黒い→の樹がチョークベリーです。先日買った苗木を此処に植えました。花が咲いている時に求めたので今は小さい実が付いています。秋に真っ赤に熟するのが楽しみ!右下の白い←はグランドカバーの定番、初雪カズラです。昨年の秋に植え、新芽が出るのが遅くて心配していたら、やっと白やピンクの若葉が出てきました。日当たりが良すぎるのか?こんなに濃いピンクです。花ではなく、これも新芽ですよ、新芽。
チョークベリーはこちら 初雪カズラ

------------------------------------------------------------------------------

中庭の寄せ植えのギボウシ、山紫陽花、萩など夏の花が咲き始めました。その様子は次回にでも。

posted by クランベリー at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | クリニックのある風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。