2008年07月25日

夏は青い花

春は黄色い花が多く咲き、初夏は白、真夏になると青い花が目立ちます。

糸シャジン

駐車場入り口付近にある糸シャジン。
良い具合の木陰の下で、秋まで咲き続けます。




ギボウシが満開

水鉢の中にあるミニギボウシの花が咲きそろいました。



どこから来たの?

中庭で見つけた小さなカエル。
四方を高い壁に囲まれているのに
どうやって辿り着いたのでしょう?


花を撮るとき、どこにピントを合わせるかで、意外に印象が変わります。ギボウシで試してみると・・・。


続きを読む


posted by クランベリー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月22日

白い星のような花

真夏の暑さがやってきたら、中庭にも夏の花が咲き始めました。


ギボウシ

青ムラサキのギボウシの花。



白い星のよう

線香花火のようにも見えます。



四方が壁に囲まれている分、この時期の中庭はかなり暑くなりますが、水鉢の中の植物だけは、流石に夏ばて知らずです。
床からの照り返しで、ムラサキシキブの葉は元気がありません。朝夕の葉水が欠かせなくなりました。
posted by クランベリー at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 中庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月03日

さみだるる

中庭のフウチソウ


五月雨と書いて「さみだれ」。
梅雨の異名のことです。
「さ」は皐月の「さ」で陰暦の5月のこと。
「みだれ」は水が垂れる様子のこと。
中庭の水鉢も、さみだれています。



今年のコアジサイ


コアジサイも満開になりました。
ひっそりと駐車場の何処かに
咲いています。どうぞ探してみて下さい。
ラベル:季節
posted by クランベリー at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 中庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

中庭も始動

白樺の若葉


これは駐車場の白樺の若葉。柔らかい葉を撮すときは逆光からのほうが
綺麗に見えます。(見えますか?)中庭の寄せ植えたちも
無事に芽吹いています。限られた土の中で、それぞれの植物が寄り添い
互いに良い関係をつくっています。今年はどんな様子になるのか楽しみです。

水鉢にも春


先月の末、この寄せ植えを手掛けて下さった○井さんがクリニックに遊びにいらして下さいました。

続きを読む
posted by クランベリー at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 中庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月16日

一番乗り

中庭一番乗り最高気温が10℃を超えるようになりました。クリニックの樹木で一番早く新芽がでたのは、今年も中庭のシモツケです。去年はこの時期でした。1ヶ月近く遅い芽吹きとなりました。小さな小さな緑色が見えますか?


昨年の3月初め、鉢植えの福寿草を中庭に置きました
花が咲き終わった苗を駐車場のケヤキの下に植えました。猛暑のためか葉が全てなくなり、駄目になってしまったんだと思っていたら、今日の午前中
ここで咲いてます


よくぞ咲いてくれた


新芽の気配に気付いていなかったのに、よくぞ咲いてくれました。
向日葵のようにお日様に向かっています。やはり春は黄色からですね。

中庭の話に戻ります。
続きを読む
ラベル:中庭 樹木
posted by クランベリー at 20:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 中庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

赤い実につらら

ソヨゴの実につらら


今朝中庭を覗いたら、ソヨゴの小さい赤い実に、もっと小さな可愛いつららができていました。雨の滴みたいです。

もう一つ赤い物。今週届けて頂いた受付カウンターの花。アマリリスとダリヤを束ねた、モダンなアレンジです。

アマリリスとダリヤ


今週はアマリリス
posted by クランベリー at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 中庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月26日

正午の太陽

中庭の南の壁面に当たる、9つの四角い不思議な光。

巨大なタペストリーのよう。


反射


続きを読む
posted by クランベリー at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 中庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月20日

全面結氷

ほぼ毎日真冬日のような気温が続いている佐久市です。中庭の水鉢が全面結氷しています。

厚さ約3センチ


薄氷が張っていた頃は、その下をスイスイ泳ぐメダカの姿が見えたのにガッチリ凍ってしまうと、酸欠になるのではないかと心配になりました。金槌で表面をかち割り、氷を取り出すと厚さ3センチ近くになっていました。割った箇所は翌朝には再び凍っています。これを何度か繰り返せば春がやってくるでしょう。続きを読む
ラベル:メダカ 中庭
posted by クランベリー at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 中庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月11日

息のなが〜い

2月下旬頃、樹木たちの中で一番早く芽吹いたのが、このシモツケです。

黄色いシモツケ

他の木は葉を落としたのに、この小さな葉っぱは黄色くなっても枝にしがみついています。鑑賞期間のなが〜い、植物です。待合室から見ると、他の草木に隠れていますが、裏側に回り込んでみるとなかなかの存在感だと思います。

凍りませんねー


続きを読む
posted by クランベリー at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 中庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月06日

ムラサキシキブ

コムラサキシキブ



中庭の寄せ植えのデザインをして下さった方と久しぶりにお会いしたら「手入れが楽でしょう〜」と嬉しそうに笑っていらっしゃいました。
年間を通じて楽しめて中庭の雰囲気に合った樹木をということで選んで下さった野生種のムラサキシキブ。真夏の高温障害で殆どの葉が落ちてしまいました。現在の葉っぱは8月中旬以降に新たに芽吹いたものです。(右側の緑色が唯一残っている古い葉)左下には紫色に生長するはずだった枯れてしまった実がついています。2番目の葉っぱたちはレモンイエローの優しい色に黄葉しています。(すでに半分以上は落葉している)

夏の暑さで葉が落ちたのはしょうがないけれど、実の生長を止めることで新しい葉をつけ、樹として生き残ることを選択をしたのでしょうね。と、その人は仰いました。本当にその通りだと思います。

大切なものを守るために、何か大きな事を諦める。自然界にはその潔さがあるように思います。

中庭の紅葉



ラベル:樹木 園芸
posted by クランベリー at 21:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 中庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月04日

はじめましてメダカです

度々話題にあがる、中庭に住むメダカをやっと撮影しました。水の中を撮すには水面の反射光を消す偏光レンズが必要だとばかり思い、試し撮りすらしていませんでした。いつものカメラとレンズですが、意外にも撮影できました。(ちょっとピンボケ)初お目見え?のメダカです。白い矢印の先のシラスのような魚が今年生まれたメダカです。

メダカです


たくさんの卵が孵化し稚魚もそれなりにいたのですが、残ったのはこの1匹だけです。この水盤の環境に適応できた生物だけが生き残れる・・残酷だけそれで生態系は保たれているのです。昨年、ここで生まれ育った1匹は元気に冬を越しました。この子メダカも頑張って泳ぎ続けてくれるでしょう。

昨日の朝はツボミだったホテイアオイは当然開花しました。夜のブルーデビルをご覧下さい。なんか怪しげですよね〜。

夜のブルーデビル


何度も紹介してますが私的にはそんなに好みの花ではないのに、この存在感には引き込まれます。待合室のクワズイモの横にあったら同じ熱帯性植物ということで馴染むのかも。
ラベル:中庭 
posted by クランベリー at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 中庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。