2012年08月06日

日は昇り・・

gremz


午前5時10分、日の出直前の、佐久インターチェンジ付近。

明けない夜はない・・。

 
1-DSC06204-001.JPG


 
1-DSC06202.JPG


上信越自動車道の向こう側が、佐久市街地です。
 
1-DSC06208.JPG


太陽が沈む方向には、御牧ヶ原台地が横たわっています。
※クリックして御覧下さい。
 
1-DSC06210.JPG



posted by クランベリー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶のみ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月05日

大人になった向日葵

gremz


ヒマワリが太陽を追いかけるのは、生育期だけです。成長し、花が開いてしまえば、追い掛け回したりはしなくなるのだそうです。

朝日に対し、斜に構える向日葵。
 
1-DSC06200.JPG
posted by クランベリー at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶のみ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月03日

影絵

gremz


東側の稜線から顔を出したばかりの太陽と、胡桃の森が織りなす影絵。

※クリックして御覧下さい。
 
 
1-DSC06177.JPG

 
posted by クランベリー at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶のみ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月02日

ブロッコリーの樹

gremz


此処は胡桃の森の玄関。この時はライムグリーン色をした光がありました。
 
 
1-DSC06186.JPG


光の正体は、ブロッコリーのような形をした樹でした。
 
1-DSC06175-001.JPG


 
1-1-DSC06183.JPG


地面に届けとばかりに大きく大きく枝葉を広げる、御牧ヶ原で一番人気の胡桃の木です。
※クリックして御覧下さい。
 1-DSC06185.JPG
ラベル:御牧ヶ原
posted by クランベリー at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶のみ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月01日

トウモロコシ平?

gremz


午前6時。いちご平の周囲は一面のトウモロコシ畑でした。バス停を改名してもいいのでは?と思ってしまいました。

冬景色は此方でどうぞ。建物への光の当たり方が全く違うことにお気づき頂けることでしょう。
http://continence-clinic.seesaa.net/article/189634221.html

 
1-DSC06167.JPG


 
1-1-DSC06174.JPG


※クリックして御覧下さい。
 
1-DSC06172.JPG


ラベル:御牧ヶ原
posted by クランベリー at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶のみ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏の朝日

gremz


太陽が東側に位置する時間帯に私が御牧ヶ原に行くのは非常に稀です。家から車で15分ほどなので何時でも行ける距離ではあります。「涼しさ」という大義名分を自分に言い聞かせ、早起きをしました。朝露が残る、胡桃の丘は普段よりもキラキラして見えました。

刈り取りが終わった小麦畑。
 
1-DSC06165.JPG


蓼科山とトマト畑。此の辺りでは支柱を使わず、地面に這わせるようにトマトを植えています。
 
1-DSC06160.JPG


 
1-DSC06162.JPG


八ヶ岳と胡桃の木と稲。光り輝く水滴を見られるのは早朝限定。
 
1-1-DSC06155.JPG


 
1-DSC06153-001.JPG
ラベル:御牧ヶ原
posted by クランベリー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶のみ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月31日

朝涼

gremz


このところ、30℃を下回らない中で散歩をしていると考えることは唯一つ。「涼しい所に行きたい」だったら行こうじゃないの。

午前5時半、朝涼の御牧ヶ原。太陽が大気を温める前の時間帯だから、暑がりな山犬でも存分に歩き回れるのです。
 
1-DSC06144.JPG


※クリックして御覧下さい。
 
1-DSC06128.JPG  1-DSC06147.JPG

 1-DSC06137.JPG  1-DSC06133.JPG


posted by クランベリー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶のみ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月28日

伐採

gremz


木を植え、木を倒し。人間が手を入れることによって育まれる山林の生命。

 
1-DSC06092.JPG


 
1-DSC06090.JPG


 
1-DSC06088.JPG


 
posted by クランベリー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶のみ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月23日

桑の実

gremz


山の畑の桑の実を 小かごに摘んだは まぼろしか


 
1-DSC06020.JPG
posted by クランベリー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶のみ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月15日

魅惑のトウモロコシ

gremz


春先からの低温の影響を受けて、農産物直売所の野菜の種類は例年より少なめです。夏の味覚の代表選手のトウモロコシも出荷量は少なく、「店頭に並べた先からお客さんが買い物カゴへ入れるので早い時間に来ないと売り切れてしまうと」と店長さんに教えて頂きました。それではと、昨日予約を入れまして今季初の穫りたてトウモロコシを入手できました。

 
1-DSC01556.JPG


 
1-DSC01550-001.JPG


院長のビールお昼ごはんになりました。
 
1-DSC01552.JPG


 
1-DSC01560.JPG


甘いものが苦手な方にはふらふらなのではと思うほど、糖度の高い黄色い実。
posted by クランベリー at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶のみ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月05日

文月の青嶺

gremz


梅雨の中休みで、真夏日になりそうな日でした。ジリジリとした佐久市内を抜けだして、蓼科山のお膝元に行きました。1ヶ月前の様子と併せてどうぞ。
http://continence-clinic.seesaa.net/article/274771822.html

 
1-DSC05895.JPG


※クリックして御覧下さい。
 
1-DSC05903.JPG  1-DSC05898.JPG

 1-DSC05905.JPG  1-DSC05909.JPG
posted by クランベリー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶のみ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月01日

落葉松金平糖

gremz


宮沢賢治が緑玉髄(クリソプレーズ)という鉱物に例え、「ネクタイピンに欲しいくらいだ」と言った落葉松の新芽。

1-DSC05872.JPG


私には金平糖のように見えました。 
ラベル:御代田町
posted by クランベリー at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶のみ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月30日

夏越の祓の日

gremz


陰暦で世の中が動いていた時代、一年のうちの半年分の罪や穢れ(けがれ)を祓(はら)い、残り半年の無病息災を祈願する大祓(おおはらえ)という行事が6月と12月にありました。12月は31日がその日にあたり、新しい年を迎える年越の祓(としこしのはらえ)が行われました。6月は30日に御祓いが行われました。それが、夏越の祓(なごしのはらえ)です。身を清め災厄を払い、ご先祖様の霊を迎える「お盆」に備えたのだそうです。

今年も半分が過ぎました。皆様にとってどんな6ヶ月間だったでしょうか。2012年の折り返し地点を機に、心身と日々の暮らしをリセットして、私も後半6ヶ月間をスタートしようと思います。


小諸市南ケ原にて。
浅間山と黒斑山の地表から湧き上がる雲。群馬県側からやって来る積雲。上空の高くに発生した巻雲。多様な雲が現れた6月30日の空。
 
1-DSC05866.JPG

posted by クランベリー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶のみ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月28日

紫の花、白い花

gremz


ジャガイモは連作障害が発生しやすいので、同じ場所に毎年植えることはできません。名産地といわれる地域でも「今年は此処にジャガイモの花が咲いている!」という発見をするわけです。

 
1-1-DSC05846.JPG


白い花と紫色の花。品種によって色が違うのだそうです。一つの畑で2色が並んでいるのは見慣れないと思い、シャッターを切りました。

 
1-DSC05854.JPG


 
1-1-DSC05848.JPG
ラベル:御牧ヶ原
posted by クランベリー at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶のみ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月27日

森のロバ

gremz


森に住むロバと山羊。
 
1-DSC05845.JPG


 
1-DSC05838.JPG


 
1-DSC05839.JPG


 
1-DSC05841.JPG


 
1-DSC05836.JPG


皆ひたすらに葉や草を喰べています。

森の一角に於いて6月23日〜7月16日迄、美し御牧ヶ原大地写真展が開催中です。入場無料です。
ラベル:御牧ヶ原
posted by クランベリー at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶のみ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月24日

佐藤✕3

gremz


1-DSC05826.JPG


仙台市の佐藤家から佐久市の佐藤家へ届いた、山形県の佐藤錦。

 
1-DSC05831.JPG

 
 
posted by クランベリー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶のみ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月21日

写真展〜2012

gremz


 
1-d0103737_78371.jpg

↑案内状の写真は、御牧ヶ原撮影の第一人者の、蒼山庵さんによるものです。


本日私も14枚の写真を搬入してきました。
御牧の丘を散歩がてら、茶房にお立ち寄り下さい。
posted by クランベリー at 14:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 茶のみ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月16日

陣風

gremz


麦の穂を揺らし 胡桃の木を通り過ぎ 望月や立科の里へと駆け下りてゆく風。

急速に天候が変わる気配がしました。


※クリックして御覧下さい。
1-DSC05772-002.JPG


雨に当たらないうちに家路につきましょう。


ラベル:御牧ヶ原
posted by クランベリー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶のみ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月12日

入梅前日

gremz


小麦畑の上空の雲と、週間天気予報から推測すれば、誰もが「明日から梅雨だ」と容易に判断できる空模様でした。

 
1-DSC05688.JPG


 
1-DSC05696.JPG


 
1-DSC05701.JPG


※クリックして御覧下さい。
 
1-DSC05709.JPG


ラベル:御牧ヶ原
posted by クランベリー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶のみ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月10日

蓼科山のお膝元

gremz


蓼科山の裾野に広がる草原。黙々と草を喰む馬。牛の放牧は未だのようでした。

 
1-DSC05682.JPG


 
1-DSC05669.JPG


※クリックして御覧下さい。
 
1-DSC05673-001.JPG
ラベル:立科町
posted by クランベリー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶のみ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。