2013年08月02日

珊瑚色のパイナップル

gremz


受付カウンターに飾っている今週の花。珊瑚のように赤いパイナップル、なので・・
サンゴパインがメインのアレンジメントです。
 
 
DSC09891.JPG


 真上から見ると、赤いフリルがあしらわれた観葉植物のようです。
 
DSC09889.JPG


posted by クランベリー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 花日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月01日

お墓参りの日

gremz


佐久地方では8月1日にお墓参りをする風習が残っています。1742年8月1日に千曲川流域で大洪水で、3000人以上の犠牲者がでたため、その供養するからです。スーパーには前日からお供え用の花束や果物がずらりと並び、一足早いお盆を感じさせます。休日となる会社も多く、午前中の佐久市内は何処に行ってもガラガラでした。当院を受診される患者様も例年、少ないです。夕方になり、いつもの活気が戻ってきた幹線道路を歩道橋の上から撮りました。
 
 
DSC09887.JPG

 
posted by クランベリー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶のみ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月31日

茶房に集う

gremz


御牧の丘の写真展が終了したので、茶房へ写真を引取りに行きました。そこで会った人達の様子。
 
DSC09869.JPG


カラフルなロバ。ピンバッジになりました。
 
DSC09867.JPG


胡桃を割る米国人。
 
DSC09870.JPG


小諸産の胡桃だそうです。
 
DSC09871.JPG
posted by クランベリー at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶のみ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月28日

とうきびな日

gremz


「東北地方ではトウモロコシを「とうきび」と呼ぶことがあります。夏になると院長は好物の「とうきび」を食べ続けます。今日は朝から「とうきび三昧」となりました!?

昨年の様子は此方から。
http://continence-clinic.seesaa.net/article/281185985.html

家庭菜園に、とうきびの苗を植えましたが、植えた時期が遅かったため生育は遅いです。日頃から敷地内外の除草作業を一手に担ってくれている院長、今朝はとうきびの周囲の雑草を取り除いていました。
 
DSC09882.JPG


自家栽培の「きび」はまだ食べられないので、直売所に買いに行き、院長のブランチとしました。新鮮なので短時間で茹で上がり(蒸し上がり)ます。
 
DSC09872-001.JPG


 
DSC09878.JPG


とうきびを食べた後も、除草作業は続きました。炎天下、My草刈り鎌を使い、雑草と格闘する姿には頭が下がります。<(_ _*)> アリガトォ 私も一緒に、ジャングル化してきた宮城野萩など、主に枝葉の剪定を行いました。(炎天下は遠慮して、涼しい時間帯しか作業しませんでしたけど (^▽^;))
posted by クランベリー at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶のみ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月27日

雨の中走る

gremz


夕方の散歩の時間。空には雷曇り。さてさて、ソフィーを何処に連れていこう??玄関ドアを開けると雨。佐久市内での散歩は諦め、「もしかしたら軽井沢は降ってないかも!」という院長の希望的観測を信じて?ドッグランを目指しました。軽井沢町内に入った辺りでは確かに降っていなかったのですが、駐車場に着いた頃からやっぱり雨。折角ここまで来たのだから、と傘をさして走りました。日頃のトレーニングの成果なのか、右手に傘、左手に超大型犬を携えても、ブレルことの無い院長の走り。exclamation&question

 
IMAG0033.jpg


 
IMAG0036.jpg

 
ソフィーにもレインコートを着せればよかった・・(反省)。結局、軽井沢町内での散歩も諦め、来た道を戻りました。途中、前方の車が次々にUターンしてきたので、事故でも起きたのかと心配になりました。すると、
 
IMAG0038.jpg

強雨の影響で倒木したのでしょう。下敷きになった物は無く、迂回できるだけのスペースもあったのはがく〜(落胆した顔)幸いでした。
posted by クランベリー at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶のみ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月25日

涼しいドッグラン

gremz


木曜日の午後は手術日なので、手術の内容次第では早めに診療を終える日もあります。今日もそんな日でした。「疲れてるんだよ-」と渋る院長を説得し、ソフィーを連れて佐久市よりも気温が低い軽井沢のドッグランに行って来ました。雨を覚悟していましたが公園は霧の中で直射日光も無し。気温は22℃と思いもよらない山犬の散歩日和でした。
 
DSC09863.JPG


楽しく遊んていると、霧から雨に移りそうだったので皆でドッグランを退場しました。ソフィーと一緒に歩いているのは、黒いラブラドールレトリバーで5歳の雌犬。飼い主さんは、軽井沢で内科クリニックを開業されていらっしゃいます。此方は木曜日は休診日なのだそうです。平日の夕方、愛犬との時間を過ごす二人の院長。
 
DSC09865.JPG


連日の暑さから解放された中で、飼い主に撫でられ、ご満悦なソフィー。涼しい日ならば、また行こうね! 
 
DSC09859-001.JPG
posted by クランベリー at 20:09| Comment(2) | TrackBack(0) | バーニーズマウンテンドッグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月22日

夕焼雲

gremz


一年の中で、夕焼けが印象的な時期はいつ?と問われば「秋」と答える方が多いでしょう。でも、季語としては夕焼けは「夏」なのだそうです。祇園祭が終わった21日の日没前、ソフィーを連れて散歩に出ました。
意外に涼しくなかったので、ソフィーは早々に歩くことを諦めてしまいました。(泣)

撮影場所は此処です。
http://continence-clinic.seesaa.net/article/69139187.html

 
DSC09832.JPG
 

 
DSC09824.JPG


※クリックして御覧下さい。
夕日を照り返す、上信越自動車道。         浅間連峰
 
DSC09822-001.JPG      DSC09838.JPG
 
posted by クランベリー at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶のみ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月21日

日盛りの神輿

gremz


日盛り(ひざかり) 夏の日中の最も暑い盛り、正午から午後3時頃までを指す
夏の季語。

20日と21日は地元の祇園祭。土曜日の診療が終わった時間帯、神輿がクリニックの前を通っていきます。
 
DSC09819.JPG


 
DSC09820.JPG


神輿が通過する直前に、係の人がクリニックにやってきて「これからお神輿が来ます。よかったらベランダからでも見て下さい!」と元気に挨拶してくれました。以前は診療中に駐車場で担いでくれたこともありましたが(祭りに寄付金を贈ると神輿を担いでくれるのです)患者様の安全第一ということで、それ以降はご遠慮申し上げています。よって、今年も通過だけなのです。
院長は地区の交通指導員!土曜日は終日仕事で不参加だったものの、翌日は朝から日盛りが過ぎるまでの長時間、神輿の最後尾で交通整理をしました。
posted by クランベリー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | クリニックのある風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月18日

丘を散策

gremz


御牧ヶ原の撮影の第一人者さんと御一緒に、丘を散策してみました。これまで私が写真でしか見たことがなかった丘の風景でした。
茶房を出発。
 
DSC09803.JPG


程なく路地を曲がり・・ ※クリックして御覧下さい。
 
DSC09804.JPG
 

第一人者さんが教えて下さったビューポイント。御牧ヶ原に無数に点在する、農業用溜池と浅間山。
DSC09806.JPG


 
DSC09805.JPG


溜池の横にある大きな松の木に括りつけられたブランコ。
 
DSC09809.JPG

 
御牧ヶ原にはまだまだ私の知らない景色がたくさんありそうです。
posted by クランベリー at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶のみ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月16日

丘を撮る人

gremz


御牧の丘の写真展も無事に終了致しました。丘の茶房まで
足を運んで下さった方々に御礼申し上げます。
最終日を目前にした日、茶房からメールを頂きました。
「丘の撮影の第一人者であるあの方が、14時半に来店されます」
その連絡を受けた人達が茶房に集まりました。

御牧ヶ原に魅せられた人は必ず、この写真と出逢っていると思います。
 
DSC09801-002.JPG


皆さん、この方のお話に聞き入っています。
 
DSC09797.JPG


 
DSC09799.JPG


急遽この後、この方と一緒に御牧の丘を散策してみることになりました。続く。
 
posted by クランベリー at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶のみ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。